MEC

×

5G

Multi-Access Edge Computingを活用した5G領域での低遅延

次世代型ネットワークの構築はお任せください

5gmeccombo.png

MEC(マルチアクセス・エッジ・コンピューティング)とは、ある区切られたエリアごとにクラウド上のサーバの代わりをするコンピューター(MECプラットフォーム)を置くことで、データをできるだけMECプラットフォーム側で処理、遅延を最小化し

そのエリアにいる端末へのレスポンスを高速化する技術です

また、エッジプラットフォームでは

統計処理したデータだけをクラウド側に上げるためプラットフォームからクラウドへのデータ通信量の減少にもつながります。

 端末により近い場所、「エッジ」から端末からの要求に応答することで、超低遅延、超広帯域のモバイル通信を実現します

MEC

5Gには「超高速・低遅延・多数同時接続」という3大特徴があります。

5Gの通信速度は4Gの20倍

5Gの伝達遅延は4Gの伝達遅延0.01秒(10ms)の10/1である0.001秒(1ms)

5Gのデバイス同時接続数は

4Gの10万デバイス/平方kmから

100万デバイス / 平方kmと十倍です。

これらが実現されることで

「自動運転」と「遠隔治療」の2分野

への導入をはじめ、様々な分野で新しい​ソリューションの試みが行われています

5G

solutions-5G-01-header.png
mecicon.png
UseCases_5G.png
banner.png
5gmec2.jpg

インターメディアプランニングはdocomoの
オフィシャルパートナー企業として
「docomo Open Innovation Cloud」
を活用したネットワークソリョーション​開発を手掛けています

perfion-pim-grafik-uden-baggrund.png
linear-computer-network-vector-icons.jpg

MEC×5G
開発事例

DOIC(docomo OpenInnovation Cloud)を
利用した低遅延の高解像度VR動画配信システム
cloud-servers.png
png-local-songs-download-1.png
vr8k_doic.png

お問い合わせ

送信ありがとうございました

システム導入に関する
詳細、お気軽にお問合せ下さい